SIOS

介護保険エビデンスにおける真のエンドポイント(アウトカム)を測定する評価尺度
社会的自立支援に特化した介護サービスのアウトカム尺度

社会的自立支援アウトカム尺度のご案内

 介護保険サービスは今日、ICFの考えに基づき、心身機能の維持向上のみならず、その人の人生の過ごし方のアセスメントを踏まえ「活動」と「参加」の支援をすることとされています。ところがこの活動と参加の支援について、適切なケアの評価尺度が存在しません。目下、介護度や日常生活自立度などの測定が行われていますが、加齢に伴う心身機能の低下は誰もが避けることが出来ない自然な現象であるにもかかわらず、これらをケアの成果の尺度と捉えてしまうと、「要介護状態を悪とする偏見を助長する(日本社会福祉士協会)」ことになってしまいます。

そこで私たちは自立支援ケア実践の立場より、あるべきアウトカムとは何か、昭和大学保健医療学部理学療法研究科(佐藤満教授)と共に研究し、例え病気や障害があったとしても、あるいは余命がいくらもない終末期にある方も、その人の「活動」と「参加」の状態像と共に、介護度やADLの状態に関わらず、その方の生き抜く姿を「主体性」として尺度を定め、測定を可能とするアウトカムスケールの開発を行いました。

社会的自立支援アウトカム尺度の活用は、活動と参加、そして当該利用者の主体性の測定をすることだけでなく、アウトカムが明確になることで、スケールを導入するケア現場は「何を目指せばよいのか」が明確になり、目的的なケアを実践することが出来るようになります。また、利用者自身も「何のために介護サービスを活用すればよいのか」を理解し、提供者側と目的を共にし、双方目的的にサービスを活用するようになるので、効果的なケアを生み出す効果も期待されます。

特に通所系サービスは、本来例え要介護状態にあっても自分らしく最後まで自分の居場所で生き抜くための訓練等の援助を受けるための施設であることも知らず、漫然と施設に通い、体操とお風呂や食事の世話を受けながら、アクティビティサービスを通じて楽しく過ごすことが目的となってしまい、自立支援ケアとは程遠い状況です。また、無目的なサービス提供が今日の介護保険財源を苦しめる結果にも結び付いています。

私たちの願いは自立支援に効果的な目的的なケアが普及促進されることです。そのために社会的自立支援アウトカム尺度をご活用いただきたく、本ウェブサイトで広く無償で配布させていただきます。皆様の施設における自立支援ケアの実践の場において、是非ともご活用ください。

在宅療養支援 楓の風グループ
代表 小室 貴之

●アウトカムスケールSIOSの使い方とアセスメントの注意事項

2.アウトカム測定の内容

アウトカムの定義

アウトカム評価はさまざまな分野で実施されます。アウトカムの定義も分野によりさまざまですが、年度の事業成果(実績)を数量的に指し示す評価結果は、プロダクト(product)あるいはアウトプット(output)と呼ばれることが一般的です。それに対して、アウトカム(outcome)は、事業成果がもたらした本質的な価値と定義されます。価値の測定は、受益者による主観的な評価に基づく測定が基本とされています。

アウトプット(output)
事業結果、または結果の外形的側面
アウトカム(outcome)
事業成果の内容的側面、または成果に含まれる価値
インパクト(impact)
事業結果の活用が生み出す(社会的)影響

表1 アウトカム評価の考え方 独立行政法人製品評価基盤機構

行動変容測定の主要な下位尺度は「活動」「参加」

ケアサービスには、医学的ケア要素と社会的ケア要素が含まれますが、社会的ケア要素を対象としたケアサービスのアウトカム測定事例は、本邦では確認されていません。社会的ケア要素の影響を多分に含む「活動」「参加」の状況を評価指標として行動変容の状態を測定する手法は、地域包括ケアのビジョンとも合致しており、さらにそれらの指標が世界保健機関(WHO)によって2001年に採択された「国際生活機能分類(ICF)」に準拠している場合は、一定の説得力を有すると推測できます。社会的自立支援アウトカム尺度は「活動」「参加」をICFに準拠した形で定量的に評価する点に特徴があります。

慢性・悪化の状態にある対象者に適した下位尺度「主体性」

さらに、慢性的な経過にある対象者や、健常状態が悪化する方向に向かう対象者では、介護サービスの質の高い介入があったとしても、心身機能の向上や介護度の軽減はもとより、「活動」や「参加」指標での向上を観察できない恐れがあります。しかし、質の高い働きかけが提供された結果、状態改善が見込めない対象者あっても、主体的に現状を改善させようとする意識の向上につながることは十分に考えられます。こうした側面を定量化するための下位尺度として、自己実現や問題解決に向けた知識の理解度や、それを実現する取り組みへの意欲などで構成される「エンパワーメント」を測定する下位尺度「主体性」を設定している点に「リハビリテーション颯アウトカムスケール」の特徴があります。「主体性」をアウトカムとして積極的に評価できる点は、他の指標にはない利点となります。

4.社会的自立支援アウトカム尺度の活用に適する介護サービス

【通所系サービス】

通所介護・予防通所介護・通所リハビリテーション等

【訪問系サービス】

訪問リハビリテーション・予防訪問リハビリテーション・訪問看護による訪問リハビリ等

【自立支援に取り組む居住系サービス】

サービス付き高齢者向け住宅等

社会的自立支援アウトカム尺度
(SIOS)を利用する

※クリックすると、ダウンロードフォームへ移動します。