シラバス・講義内容
Syllabus

シラバス・講義内容

Syllabus

時間 講義No 講師 講義名 ねらい
10:00-11:00 1 小室 通所における自立支援ケアとプログラムの考え方 R3年介護報酬改正、個別機能訓練計画は活動と参加の促進を目指したICFを志向した支援方針に一本化された。本講座では通所介護における自立支援ケアの在り方と運営手法を学習し、新加算への対応策を学習し、制度が求める適切な自立支援ケアを実践する通所介護事業所運営の実現を目指す。
11:10-12:10 2 小室 科学的介護LIFEへの対応と加算算定 R3年介護報酬から始まった科学的介護への取り組みは、通所介護が制度に必要とされ続けるためにはもはや必須の取組だ。本講座ではトップダウンモデル(社会的自立支援)へとパラダイムシフトが求められた個別機能訓練加算の在り方を踏まえ、LIFEに対応する加算算定の方法と適切なクラウド型通所運営システムの選定と導入と活用方法について解説する。
13:00-14:00 3 渡辺 利用者をエンパワーメントするアセスメントの方法 利用者はデイサービスを利用することで、どのような自分らしい生活を取り戻したい(維持したい)と望むのか。これを具体的に把握することなくサービス提供を開始してはならない。「目標はどうしますか?」と聞かれてスラスラと答えられる人は一握り。アセスメントにおいて、どのように質問をしたら利用者は自身の希望を語り始めることができるのか。本講座では利用者が主体的に希望を語り、サービスを利用するためのアセスメント技術を学習する。
14:10-15:10 4 渡辺 SIOSを用いたアセスメントと目標設定 アウトカムスケールであるSIOSは、設問を読み上げながら利用者と対話することで、具体的な現在の生活状況や、サービスを利用する以前の暮らしぶりについて理解するためのアセスメントツールとして活用できる。時には、利用者自身も気づいていない本当の気持ちや抑圧された思いの表明を助けることもある。利用者が真に自分らしく活動的であると思える生活を送るためにはどうしたらよいのか、サービス利用(提供)の目的を見出すSIOSの活用方法を学習する。
15:20-16:20 5 佐藤 SIOSプランニングと個別機能訓練計画書 本講座では通所介護における機能訓練指導員の大半が看護師による兼務である実態より、看護師でも効果的に実践できる機能訓練プログラムを紹介する。設定された目標から要素を分析し、その目標達成に必要な訓練プログラムはどうあるべきか、また具体的な推奨訓練プログラムの実践を講座終了後も活用可能な動画集を用いて学習する。

楓の風式 通所施設における自立支援ケアチェックリスト

受講前に「楓の風式 通所施設における自立支援ケアチェックリスト」を確認してみましょう!